冨川亜希子(とみかわあきこ)

    Akiko Tomikawa


奈良県出身。
1994年から神戸市の貞松・浜田バレエ団に所属し、古典クラシックからコンテンポラリーまで様々なパートを踊る。在籍中の10年間に、ラリオ・エクソン、ユーリ・ン、ニコライ・フョードロフ、貞松正一郎、加藤きよ子など世界中の振付家と共に仕事をする機会を持つ。
2004年にNYへ渡り、ペリダンスセンター、ダンスニューアムステルダム等で留学生としてコンテンポラリーダンスを学び、マックス・ストーン、ダイアン・マッカーシー、ジャナ・ヒックス、エミリー・ベリー、オリバー・スティール・

ヘザー・マカードル、マライカ・エリアスバーグなどたくさんの優れた振付家たちと出会い、多大な影響を受ける。

2010年よりニューヨーク、マンハッタンのCRSスタジオでアーティストインレジデンシーとして所属し、ダンサー、コレオグラファー、

ダンスインストラクターとしてフリーランスで活動していた。NY在住中、前記の振付家等と共にNYを基盤にヨーロッパや日本で様々なパフォーマンスに出演し、2011年には第50回NYフィルムフェスティバルに選出された映画 ”Frances Ha”にダンサーと して出演した。
ダンスインストラクターとしては、バレエ団在籍時代に附属のバレエ学園でクラシックテクニックを教えた経験を持つが、渡米後はサイモ ンソンメソッドの教授資格を取得し、2010年からNYのダンスニューアムステルダム、ステップスオンブロードウェイ、ペリダンスセンター、ジョフリーバレエスクールなど、またスウェーデンのユニバーシティーオブダンスアンドサーカス、ビクロフォーシュダンスフォーラムなどでコンテンポラリーダンスを教えている。
振付家としては2009年より本格的に始動し、NYのダンスニューアムステルダムシアター、チェンダンスセンター、シティーセンタースタジオ、ヨーロッパではスェーデンのダンスフォーラムなど、日本では東京、大阪で作品を発表している。同年、ガラスアーティストのオガイミホと出会い、その後現在に至るまでグリーンポイント、ソーホーのストリートで野外パフォーマンスやNYタンクシアターでアートコラボレーションとして作品を発表し ている。2012年11月にはアートパフォーマンス”B’cause”をNYのユニバーシティーセトルメントシアターで共同主催し好評を得る。

2012 年に9年間のNY生活を終えて日本に帰国、現在は関西を中心にダンス講師を主にとしながら、パフォーマー、コレオグラファーとしても活動中。心斎橋のスタジオポ イント、神戸の今岡加藤ダンススペース、チャコットカルチャースタジオ、芦屋のスタジオハピネスでコンテン ポラリーダンスとキッズダンスをレギュラーでクラスを担当しながら、枚方なぎさ高校で毎年特別非常勤講師としてダンスを担当し、大阪体育大学、精華大学にも特別講師として招かれた。2018年には大阪女子体育連盟が主催するダンスガラのコンテストで審査員を務める。

2018年5月NYを通じて知り合ったメンバーとアートコラボ集団”teDurumOduru”(テズルモズル)を結成し活動を始める。

 

Akiko Tomikawa is a native Japanese, and active as a dancer , choreographer, dance instructor, artist in residency at Center of Remembering Sharing in NYC.
For 10 years, Akiko had belonged to Sadamatsu-Hamada Ballet Company in Kobe, Japan where she had worked with various worldwide choreographers, including Nikolai Fyodorov, Lario Ekson, Yuri Ng and Stanton Welch, among others, and also performed wide-ranging repertoire both in classical and contemporary works. In addition she had taught classical dance technique for youth in a belonging school of the company for over 10 years.
She moved to New York in 2004 to learn modern and contemporary technique as an international student in Dance New Amsterdam and Peridance Center. She had chance to work with many great people including Jana Hicks, Diane McCarthy, Max Stone, Marijke Eliasburg, Heather McArdle,  Oliver Steele, Emily Berry ,among others. In 2011, Akiko  joined as a dancer in a movie “Frances Ha”, which was elected in 50th NY Film Festival.
Akiko as a choreographer has shown her work pieces at Dance New Amsterdam, Chen Dance Center, City Center Studio, La Guardia High School Theater, Chez Bushwick in NYC and Viskrofors in Sweden, and Tokyo , Osaka in Japan.  She also has collaborated with a glass artist, Miho Ohgai since 2010 and shown artdance works at The Tank Theater, Green Point, and Soho in NYC. In 2012 she created mixed international/various  dance group 'Bakagaijin Dance Collective' with her friends aiming world tour.
Akiko has teaching experience for contemporary dance technique at Steps on Broadway, Jefferey Ballet School, Dance New Amsterdam, Peridance Center in U.S and Dance Skola , Viskrofors in Sweden.

In 2012 November, Akiko co-organized own show " B' cause" at Universsity Settlement Theater in NY and have gotten good reputations.

She came back to Japan in December ,2012. Currently she has taught contemporary and kids dance classes at Dance Studio Point、Studio Happiness ,Imaoka-Kato Dance Space, Chacott cultural studios , Free Way Dance Studio among others. She is trying to be active as a performer and choreographer in Japan and overseas as well.